耐震診断

現行の耐震基準(新耐震基準)は、昭和56年6月から適用されていますが、大規模地震(震度6強~7程度)に耐えるには不十分な基準です。旧耐震基準で建てられた住宅はもちろん、新耐震基準で建てられた住宅において、人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害が生じないレベルを基準とした耐震診断を行い、耐震改修工事を行います。

耐震診断結果、耐震補強計画を元に「耐震性を示す指標」が1.0以上となるように設計、改修工事を行います。耐震補強リフォームを行うことで、減税や補助金が受けられる場合があります。耐震補強リフォームの減税・補助金はこちらをご確認ください。