ハトマーク
        マニュアル
HOME
住まいのコンシェルジュ
アクセス
物件紹介
         
住まいのコンシェルジュロゴ
長期優良住宅化リフォーム推進事業

 

 

 
 

HOME > 支援制度について > 長期優良住宅化リフォーム推進事業

長期優良住宅化リフォーム推進事業とは

質の高い住宅ストックの形成及び子育てしやすい環境の整備を図るため、既存住宅の長寿命化や三世代同居など複数世帯の同居に資するリフォームを推進するための工事費用の一部を補助するものです。

①リフォーム工事前のインスペクションの実施、及び、工事後に維持保全計画を作成

②下記性能事項のいずれかの性能向上に資するリフォーム工事、又は三世代同居改修工事を行うこと
 ■支援対象となるリフォーム工事
  a.劣化対策 b.耐震性   c.省エネルギー対策   d.維持管理・更新の容易性
  e.高齢者対策(共同住宅のみ) f.可変性(共同住宅のみ)   g.三世代同居改修工事

③リフォーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性(新耐震基準適合等)の基準を満たすこと


※対象となるのはリフォームを行う住宅です。既存の戸建住宅、共同住宅いずれも対象となります。事務所や店舗などの住宅以外の建物は対象外です。

補助対象の工事

劣化対策や耐震性、省エネ対策など住宅の性能を一定の基準まで向上させる工事が対象となります。また、これらの性能向上工事と一体的に行われる他の工事も、一定の範囲で対象となります。なお、劣化対策と耐震性はリフォーム工事にA基準を満たしていることが要件となります。

<対象工事のイメージ>

対象工事

S基準:長期優良住宅(増改築)認定基準の水準
A基準:S基準には満たないが、一定の性能向上が見込まれる水準

<A基準の概要(木造住宅の場合)>
劣化対策(必須)
耐震性(必須)
省エネルギー対策
維持管理・更新
三世代同居改修工事
以下について、一定の措置 以下のいずれか 以下のいずれか 専用配管の構造について、以下のいずれか 調理室、浴室、便所、玄関の増設工事。工事完了後、これらのうちいずれか2つ以上が複数箇所あること。
・外壁の軸組等 ・新耐震建築物 ・断熱等級3+開口部断熱
・地盤、基礎、土台、床下 ・耐震診断Iw≧1.0 ・一次エネ等級4+断熱措置 ・維持管理対策等級2
・浴室及び脱衣室 ・耐震等級(倒壊防止)1 ・省エネ改修事業相当 ・同等の代替措置
・小屋裏      
 

補助金について

補助額:「補助対象」に掲げる額の合計額の1/3以内

補助限度額:100万円/戸(認定長期優良住宅とする場合:200万円/戸)
※三世代同居改修工事については、50万円/戸を限度として、上記補助額に加算


詳しくはこちらをご確認ください。(長期優良住宅化リフォーム推進事業事務局ホームページ